ストレッチ方法

猫背に効くストレッチで最も簡単なものをまず紹介します。

その1 背中のストレッチ
ストレッチ座布団または低めのクッションの上に寝るだけ。ポイントは座布団の位置です。
よく、腰が曲がると言いますが本当は腰なんか曲がりません。以前お話ししたように、腰は構造上前側に向けて反っています。ただでさえも反っているのに前に向かって曲がるなんて…。曲がっているのは腰ではないのです。もっと上。ちょうどみぞおちのあたりにあたる背中側です。みぞおちから下は骨構造がないので胸郭の重みがそのまま前に倒れるのです。これがいわゆる「腰が曲がった」状態。この「腰が曲がろうとする場所」に座布団があたるようにして上向きに寝ます。これだけ。こうすることで自重(自分の身体の重み)と重力でじわじわとストレッチすることができます。手を大きく広げて大の字に寝ると、猫背になることによって短縮していた大胸筋もついでにストレッチできてさらに効果的です。あまり高さのある座布団やクッションで行うと、反対に腰の反り返りが強くなり負担がかかってしまうのでお勧めできません。

その2 おしりのストレッチ
ストレッチ仰向け上向きに寝ます。片方の足をしっかりと抱え込みましょう。反対の足の膝の裏ができるだけ床に着いた状態を保つように心がけてください。浮いてくると効果が下がります。
反対も同様に行います。





その3 腰のストレッチ
その2で抱えていた足を反対の足の向こう側に倒します。上になっている足は可能な限りしっかり股関節を曲げましょう。お尻の筋肉も一緒にストレッチすることができます。そしてこの時、その1と同じように手を横に大きく広げ、さらに手のひらを床につけると上体も同時にストレッチできて効果的です。
その4 ながらストレッチ
椅子に座った状態で行える足の裏側のストレッチです。椅子に浅く腰かけた状態で片側の足を前へ出します。つま先を天井に向け、ゆっくりと自分の方に向けて反らしていきましょう。ふくらはぎから膝の裏にかけて気持ちのいい程度伸びたらそこで止めます。これなら仕事しながら、あるいは電車で通学・通勤中に行うことができます。

 

筋肉はその性質上、最大に収縮した後に最大に弛緩(ゆるむ)ことが分かっています。背伸びはこの現象です。背伸びが気持ちよいのは、決して背伸びをすることでストレッチをしているのではありません。逆に背伸びはこれでもかと筋肉を使って背中を伸ばしているのです。そしてそのあとに来る筋肉の最大に緩む状態を、皆さんは気持ちよいと感じるのです。

ストレッチはリラックス効果等良い効果をたくさんもたらすので是非行ってみてください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ